犬白内障

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬白内障

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬の白内障 についての原因、症状、治療法、気を付ける事とは?

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
が白内障にかかるのをご存知ですか? 最近、犬の様子がおかしい、どうやら目が見えてないみたいと目を観察してみたら、眼が白く濁っていた…ということはありませんか?
病院に行ったら白内障と診断された、知り合いの犬が白内障になったという経験のある人もいるのではないでしょうか? この記事では、 犬の白内障 について知っておくべきポイントをまとめました。
 
 

犬の白内障 とは?

犬の眼の構造をカメラに例えるとレンズに相当するのが水晶体です。レンズの厚さを変えることでフォーカスを合わせることが出来ますが、これを行っているのは水晶体を固定している毛様体筋です。
この機能は人間の場合とても優れているのですが、犬のレンズは人間よりも厚みがありフォーカスを合わせる機能が低いです。つまり、人間よりぼやけた状態で見えていて、人間ほど周りの情報を視覚に頼っていないのです。優れた聴覚と嗅覚で周囲の状況を把握しているのです。
もちろん、人間より視覚が悪くても犬も視覚を使って生きています。その厚いレンズがズレたり、白く曇った状態になると、当然見えづらくなり、犬も不便に感じます。
 
水晶体は水晶体繊維という細胞で出来ており、タンパク質やミネラルといった様々な物質で満たされています。水晶体は、通常透明ですが、様々な刺激で、タンパク質が変性すると水晶体が大きくなったり、白色になったりするのです。
 
白内障は、上述したように変性したタンパク質が増え水晶体が混濁した病態です。加齢が原因のものが多いですが、他の疾患、外傷が原因となり発症することもあります。進行の度合いは各々の犬により個体差があり様々ですが、視覚は失われていきます。飼い主が白濁に気づく場合は、かなり病態が進行している状態で、視力はかなり落ちています。普段の様子、散歩中の歩き方から視力が落ちていないか注意してみる事も重要です。
 
白内障に似たものに水晶体核硬化症というものがありますが、これは視覚を失うことがないので治療の必要はありません。白内障の診断では、水晶体核硬化症との類症鑑別が必要となります。水晶体がズレしまう病態は水晶体脱臼といい、白内障による水晶体の膨化が原因で起こることがあります。
 
 

犬の白内障 の原因とは

犬の白内障の分類と、原因は以下に示した通りです。
 
・若年性白内障は2歳までに起こるものを言います。
 
・成犬性白内障は2歳から6歳の間に起こるものを言います。
(これらは遺伝的素因によるものと考えられており、シベリアン・ハスキー、ミニチュア・シュナウザー、コッカー・スパニエル、プードル、ビーグルなど80犬種ほどに遺伝の関与があることが報告されています。)
 
・老年性白内障は老化によるもので7歳を過ぎたあたりからどの犬種にも起こります。
 
・その他、糖尿病性白内障など他の全身性疾患に付随して起こるものや、眼の疾患、外傷などに併発するものなど様々な原因があります。
 
 

犬の白内障の症状とは?

犬の水晶体が濁り、視界が悪くなると、特に暗い場所で見えにくいので暗い所で動かなかったり、段差に気が付かなかったり、ものにぶつかったり、壁に沿って歩いたりという行動が表れます。
 
眼を観察すると白く見えたり、瞳孔がひらきっぱなしになっていたりするのが分かるかもしれません。犬は生活環境が我々人間よりも限られており、少し見えづらくなった程度では嗅覚や聴覚、今までの記憶などで行動を補うことが出来るので、発見が遅れてしまいます。
診断にはまず、犬の眼が見えているかいないかを検査します。そのあと、詳しい眼科検査を実施し、水晶体核硬化症との類症鑑別を行います。
 
 

犬の白内障の治療法とは?

目薬や投薬による内科的治療と、手術を行う外科的治療があります。犬の年齢や、併発疾患、眼の状態によって治療方法を選択します。白内障の内科的治療は、進行を緩やかにすることを目的とします。全ての犬に外科的治療が可能なわけではありません。
外科的処置は、眼を大きく切開し水晶体内容を取り出す方法と、少しだけ切開し、水晶体内容を砕いて吸い取る方法があります。いずれもレンズを失う状態になるので、犬用の人工水晶体を挿入します。
 
犬の白内障も人間の白内障も大きく見れば同じですが、一番の違いはやはりレンズ(水晶体)の厚さです。人間の白内障の手術は近年安全で短時間で行われており、敷居が低くなったように感じますが、犬の場合は別問題です。
レンズが厚いことが手術をより難度の高いものにしていることと、手術後の安静を保つことが人間より難しいからです。犬の白内障の手術はリスクを伴うものであることの認識は必要です。
 
 

犬の白内障 :普段の生活での留意点は?

7歳を過ぎたあたりから白内障になるかもしれないと心に留めておくことは、症状に早く気が付くために役立ちます。
また、つまずいたり、物にぶつかったり、壁に沿って歩いたりといった犬の行動の変化に気づいてあげられるように日頃から注意を払ってあげて下さい。
 
犬の眼が見えていないかもしれないと思ったら、どの程度見えているかの簡単なテストをしてみるのはお勧めです。片目ずつ上からものを落として、それを目で追うかを確かめて下さい。音で反応しないように音の出ないもの(ティシュなど)が良いでしょう。また明るい所と暗い所で見え方が違っていないか、反応を見て下さい。
また時々、眼を観察してみて下さい。水晶体が白くなっているのを見つけられるかもしれません。瞳孔の大きさの観察も大切です。瞳孔は、暗い場所で大きくなり、明るい場所で小さくなります。また、瞳孔は左右対称です。明るさに応じて瞳孔の大きさが変化しない場合や、左右で異なる場合は視覚に障害があるかもしれません。
犬の眼の病気は視力に大きく影響します。異常に気が付いたらすぐに病院に行くようにしてください。
 
 

まとめ

ここまで説明した内容のポイントを以下に記載しますので、ご参考にしてください。
 
・犬の白内障は気付きにくく、飼い主が白濁に気づく時にはかなり進行している。進行すると視力は失われていく。
・犬の白内障の原因は、遺伝性、老齢化によるもの、糖尿病等の全身性疾患に付随して生じるもの、目の疾患、外傷等に併発する等様々である。
・治療法は目薬、投薬等の内科的治療と手術を行う外科的治療に分かれる。
・日頃から、視力が落ちていないか犬の行動に注意する事が必要。
 
 
<執筆者プロフィール>
碧井 香 (あおい こう)
獣医師・獣医学博士。
現在はフリーライターなど多岐に活動。
麻布大学獣医学部卒業 獣医師免許取得、某アニマルクリニックに勤務しながら、同大学院にて獣医学博士号取得、独立行政法人某研究所勤務、アメリカの研究機関勤務を経て今に至る。

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。