犬白内障

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬白内障

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬の白内障 についての原因、症状、治療法、気を付ける事とは?

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
が白内障にかかるのをご存知ですか? 最近、犬の様子がおかしい、どうやら目が見えてないみたいと目を観察してみたら、眼が白く濁っていた…ということはありませんか?
病院に行ったら白内障と診断された、知り合いの犬が白内障になったという経験のある人もいるのではないでしょうか? この記事では、 犬の白内障 について知っておくべきポイントをまとめました。
 
 

犬の白内障 とは?

犬の眼の構造をカメラに例えるとレンズに相当するのが水晶体です。レンズの厚さを変えることでフォーカスを合わせることが出来ますが、これを行っているのは水晶体を固定している毛様体筋です。
この機能は人間の場合とても優れているのですが、犬のレンズは人間よりも厚みがありフォーカスを合わせる機能が低いです。つまり、人間よりぼやけた状態で見えていて、人間ほど周りの情報を視覚に頼っていないのです。優れた聴覚と嗅覚で周囲の状況を把握しているのです。
もちろん、人間より視覚が悪くても犬も視覚を使って生きています。その厚いレンズがズレたり、白く曇った状態になると、当然見えづらくなり、犬も不便に感じます。
 
白内障は水晶体が混濁した病態です。進行の度合いは各々の犬により個体差があり様々ですが、視覚は失われていきます。似たものに水晶体核硬化症というものがありますが、これは視覚を失うことがないので治療の必要はありません。白内障の診断では、水晶体核硬化症との類症鑑別が必要となります。水晶体がズレしまう病態は水晶体脱臼といい、白内障による水晶体の膨化が原因で起こることがあります。

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。