犬白内障
医師や専門家が深く詳しく解説します
犬白内障
医師や専門家が深く詳しく解説します

水晶体 とは?水晶体が混濁すると白内障になる?

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
人では一般的な目の病気である白内障ですが、にも起こります。白内障は目の 水晶体 と言う部分が白く混濁した状態です。飼い主さんが見てわかるくらい白くなっていることもあれば、気づかないうちにゆっくり進行している場合もあります。
人なら自分で見えづらいという症状を感じることが出来ますが、犬は自覚症状を訴えることはできません。
では、そもそも 水晶体 とはどんなものなのでしょうか?
 
 

水晶体 とは?人と犬の違いは?

 
眼は球体をしています。ほとんどが眼窩(目玉があるくぼみ)に収まっています。
水晶体は水晶体嚢という袋に包まれていて、その中の外側が水晶体皮質、中心部が水晶体核という構造になっています。
 
水晶体は毛様体という組織につながっています。これにより水晶体の厚さを調節し、近いものや遠いものに焦点を合わせて、ピント調節を行っています。
人では水晶体が薄く、毛様体による調節を受けやすいので近い物から遠くの物まで幅広く見ることが出来ます。犬の場合、水晶体がとても厚く、ラグビーボールのような形をしており、ピントが合せにくい傾向にあります。そのため、ピントが合う範囲が限られています。

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。